家族のみの結婚式

MENU

家族のみの結婚式の費用や服装・引き出物等知らないと損するまとめ

大勢のゲストに囲まれて挙げる華やかな式・披露宴もとても素敵ですが、近年じわじわと人気なのが家族のみで挙げる「小さな結婚式」

 

しかし、具体的に親族のみの結婚式はどのような内容なの?
お色直しなどの演出もしていいの?

 

と疑問がいっぱいの方も多いのではないでしょうか。話題の家族のみの結婚式もとてもいいものですよ。

 

 

「家族婚」ということばも登場したほど、家族のみの結婚式もひとつの結婚式のスタイルとして定着してきました。家族のみでささやかに式を挙げたい!というカップルも、式の具体的な内容を知っておけば不安も和らぎますよね。

 

一般的な結婚式と同様、まずはチャペルや神社で挙式を行います。

 

特にチャペルは広いことが多く、家族のみだと寂しいのでは?と不安の方も多いはず。
しかし、家族のみでチャペルを貸し切ることができるので、特別感を味わえますよ。アットホームな雰囲気で式を進めることができるので、緊張しやすいカップルには優しいですね。
もちろん、写真撮影もしっかりできることもうれしいポイントです。

 

家族のみの結婚式の場合、「披露宴」というより「会食」と呼ばれることが多いです。式場によっては、少人数用の部屋を用意してくれるところもあります。
本来新郎新婦のみが座るお席の「高砂」はなく、家族と一緒のテーブルで一緒に食事をするスタイルが多いです。

 

一般的な披露宴は、家族は新郎新婦のお席の高砂から一番遠いテーブルの席次になってしまいます。
会社の上司や友人が新郎新婦を囲んでしまうので、実はちょっと寂しい思いをしている家族も少なくありません。

 

会食で一緒のテーブルだと、新郎新婦と一緒に食事を楽しむことができますね。もちろん、新郎新婦もゆっくりお料理を食べることができますよ。

 

 

会食だと、「両家同士、間が持つのか?」と心配な声も多く上がります。

 

会食、歓談のみでももちろんOKですが、式場側がきちんと演出を提案してくれますよ。
披露宴のように、新郎からのウエルカムスピーチと乾杯、ケーキ入刀もできます。

 

披露宴でのケーキ入刀時は、親族以外のゲストが写真を撮るため新郎新婦を取り囲み、親族が入る隙間もない…というちょっと残念な声もチラホラ。
しかし、家族のみの会食の場でのケーキ入刀は、親族にとってもうれしい演出ですね。

 

もちろん、その後ケーキを食べさせあうファーストバイトの演出もOKです。
両家が一緒に顔をそろえることできる機会なので、親族紹介も行われます。

 

新郎新婦がそれぞれ紹介する場合もあれば、式場のスタッフが紹介してくれる場合もあります。会食の進行も式場スタッフがきちんと進行をしてくれるところも多いので安心です。

 

 

演出のメインのひとつでもあるお色直し。会食ではできないのではないか…と思われがちですが、そんなことはありません!

 

式場によっては、ちゃんとお色直しも演出に入れることができるのです。お色直しの間も、スクリーンを使用して新郎新婦の紹介のビデオ上映ができるので、退屈になるのでは…という心配もありませんよ。

 

 

会食の最後は、家族へ向けて感謝の手紙を読むこともできます。一般的に披露宴では新婦から家族へ手紙が読まれる場合が多いですよね。しかしせっかく家族のみの結婚式。
新郎も家族へ手紙を読む演出がとても人気!家族にとってもうれしいサプライズですね。

 

 

家族のみだと寂しくならないか、したい演出ができないのではないか…と不安なカップルも多いですが、心配なし!

 

家族で一緒にお料理と会話を楽しむことができる、居心地の良い空間を作ることができますよ。したい演出ができる式場も多いので、ぜひ探してみて!特別な日は、しっかり家族の絆を深める日にしてみませんか。
40代独身女性結婚したい